愛西市で外壁塗装/屋根塗装/塗り替えなら一色美装へ。防水工事にも対応しております。

インフォメーション
ホーム > インフォメーション > このような症状ありませんか?
  • このような症状ありませんか?

    建物自体の寿命を長くするために、適切な方法で定期的にメンテナンスをしてください。
    使用している塗料にもよりますが、塗装の塗り替え時期は一般的に10年と言われています。
    しかし、それよりも前にこちらで紹介している症状が表れたら、塗り替えをご検討ください。

  • 触ると、手が白くなる。

    触ると手が白くなる

    チョーキング現象と呼ばれ、塗り替えの時期を示す有名なサインです。
    これは、表面の塗装が薄くなり、粉状になっていると表れます。
    劣化の初期症状です。

    ・西日が良くあたる箇所
    ・南側の日あたりが良い箇所
    ・ベランダ付近
    以上の3か所でチェックをしてみてください。

  • ひび割れが発生している。

    ひび割れが発生している

    上で紹介したチョーキング現象を放置していると、ひび割れが発生することがあります。

    ひびから雨水が侵入し、内部にカビを発生させる危険性がありますので、塗り替えをおすすめします。

    建物の強度が下がっていることの表れでもありますので、注意が必要です。

  • 汚れ・はがれ・カビ・錆など、壁が劣化している。

    壁が劣化している

    塗装は、様々な外的要因から建物を守ってくれるものです。
    汚れや錆が発生しているということは、塗装の効果が弱まってきている証拠です。

    塗装としての役割、機能が不十分になっている状態ですので、早めの塗り替えをおすすめしております。